最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function
<linalg>

std::linalg::real-if-needed(C++26)

概要

real-if-neededは、必要に応じて複素数の実部を返す、説明専用の関数オブジェクトである。

Tの式Eに対して、式real-if-needed(E)は次と等価である。

  1. Tが算術型でなく、式real(E)が下記宣言を含むコンテキストにおいてオーバーロード解決を行った結果が妥当であるとき、real(E)
    template<class T>
    T real(const T&) = delete; 
    

備考

オーバーロード解決により選択された関数が入力された複素数の実部を返さないとき、プログラムは不適格となる。

バージョン

言語

  • C++26

参照