最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function
<memory>

std::allocator::max_size(C++17で非推奨)

size_type max_size() const throw();  // C++03
size_type max_size() const noexcept; // C++11

この関数は、C++17から非推奨となった。代わりにstd::allocator_traits::max_size()関数を使用すること。

概要

一度に確保可能なメモリの最大サイズを取得する。

戻り値

allocate(N, 0)が成功するであろう最大のNを返す。

非推奨の詳細

多くのメンバ関数は、アロケータの実装によらず、共通に定義できるものだった。そのため、アロケータの中間インタフェースであるstd::allocator_traitsクラスに、共通のデフォルト実装を定義することとなった。

特殊なアロケータの実装では、この関数を独自に実装する必要があるかもしれない。その場合はstd::allocator_traitsのデフォルト機能を使用せずに、この関数を独自アロケータのインタフェースとして定義すれば、std::allocator_traitsクラスを介してインタフェースにアクセスしたとしても、その独自実装が使用される。

少なくとも、std::allocatorクラスのあらゆる標準ライブラリの実装において、この関数は特殊な動作をする必要がないため、std::allocator_traitsクラスのデフォルト実装に任せることとなった。

#include <iostream>
#include <memory>

int main()
{
  std::allocator<int> alloc;

  std::cout << alloc.max_size() << std::endl;
}

出力例

4611686018427387903

参照