最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function template
<algorithm>

std::ranges::is_permutation(C++20)

namespace std::ranges {
  template<forward_iterator I1, sentinel_for<I1> S1, forward_iterator I2, sentinel_for<I2> S2, class Proj1 = identity, class Proj2 = identity,
           indirect_equivalence_relation<projected<I1, Proj1>, projected<I2, Proj2>> Pred = ranges::equal_to>
  constexpr bool is_permutation(I1 first1, S1 last1, I2 first2, S2 last2, Pred pred = {}, Proj1 proj1 = {}, Proj2 proj2 = {}); // (1)

  template<forward_range R1, forward_range R2, class Proj1 = identity, class Proj2 = identity,
           indirect_equivalence_relation<projected<iterator_t<R1>, Proj1>, projected<iterator_t<R2>, Proj2>> Pred = ranges::equal_to>
  constexpr bool is_permutation(R1&& r1, R2&& r2, Pred pred = {}, Proj1 proj1 = {}, Proj2 proj2 = {});                         // (2)
}

概要

範囲 [first2, last2) を並べ替えたものが、[first1, last1) の範囲と一致するか判定する。

  • (1): イテレータペアで範囲を指定する
  • (2): 範囲を直接指定する

戻り値

last2 が与えられている形式の場合、last1 - first1 != last2 - first2 であれば false を返す。
そうでなければ、[first1, last1) の範囲と [first2, first2 + (last1 - first1)) の範囲を並び変えたもので、equal(first1, last1, first2)、あるいは equal(first1, last1, first2, pred)true を返すようなものがあれば true を、そうでなければ false を返す。
なお、実際に並べ替えが行われるわけではない。

計算量

last2 が与えられている形式の場合、I1I2 がどちらもrandom_access_iteratorのモデルであり、かつ last1 - first1 != last2 - first2 であれば 1 度も述語の適用を行わない。
そうでなければ、equal(first1, last1, first2, last2) == true もしくは equal(first1, last1, first2, last2, pred) == true の場合(last2 が無い形式の場合、equallast2 の無い形式で置き換える)、distance(first1, last1) 回の述語適用で完了する。
そうでなければ、distance(first1, last1) をNとした場合に最悪O(N^2)回の述語適用で完了する。

#include <iostream>
#include <vector>
#include <algorithm>

int main ()
{
  std::vector<int> v = {1, 2, 3};

  std::vector<int> good = {2, 3, 1};
  std::vector<int> bad = {2, 3, 4};

  std::cout << std::boolalpha;
  std::cout << std::ranges::is_permutation(v, good) << std::endl;
  std::cout << std::ranges::is_permutation(v, bad) << std::endl;
}

出力

true
false

バージョン

言語

  • C++20

処理系

参照