最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function template
<algorithm>

std::ranges::stable_sort(C++20)

namespace std::ranges {
  template<random_access_iterator I, sentinel_for<I> S, class Comp = ranges::less, class Proj = identity>
    requires sortable<I, Comp, Proj>
  I stable_sort(I first, S last, Comp comp = {}, Proj proj = {});            // (1)

  template<random_access_range R, class Comp = ranges::less, class Proj = identity>
    requires sortable<iterator_t<R>, Comp, Proj>
  borrowed_iterator_t<R> stable_sort(R&& r, Comp comp = {}, Proj proj = {}); // (2)
}

概要

範囲を安定ソートで並べ替える

  • (1): イテレータペアで範囲を指定する
  • (2): 範囲を直接指定する

効果

[first,last) の範囲をソートする

戻り値

last

計算量

最大で N log^2(N) (N == last - first)回の比較を行う。ただし、十分なメモリがあれば N log(N) になる。

備考

同じ値が複数あった場合に、ソート前の位置関係が保たれる、「安定ソート」を行う。 一般的にマージソートで実装される。

#include <iostream>
#include <vector>
#include <algorithm>

int main()
{
  std::vector<int> v = {3, 1, 4, 2, 5};

  // 並べ替える
  std::ranges::stable_sort(v);

  for (int i : v) {
    std::cout << i;
  }
  std::cout << std::endl;
}

出力

12345

バージョン

言語

  • C++20

処理系

参照