最終更新日時:
が更新

履歴 編集

macro
<cfloat>

LDBL_MIN_EXP

#define LDBL_MIN_EXP implementation-defined

概要

FLT_RADIX の $n - 1$ 乗が、long double の正規化数として表現可能であるような、最小の整数値 $n$ を表すマクロ。
<cfloat> のモデルにおける $e_{\rm min}$。

std::numeric_limits<long double>::min_exponent と等しい。

備考

  • 本マクロは #if プリプロセッサディレクティブに使用可能な定数式である。
  • LDBL_MIN_EXP は Long DouBLe MINimum EXPonent(minimum:最小値、exponent:指数)に由来する。

#include <iostream>
#include <iomanip>
#include <cfloat>
#include <cmath>

int main()
{
  std::cout << LDBL_MIN_EXP << '\n';

  std::cout << std::setprecision(LDBL_DIG) << std::boolalpha;

  // long double の正規化数として表現可能
  long double ld1 = std::pow((long double)FLT_RADIX, LDBL_MIN_EXP - 1);
  std::cout << ld1 << ", " << std::isnormal(ld1) << '\n';

  // long double の正規化数として表現不可能
  long double ld2 = std::pow((long double)FLT_RADIX, LDBL_MIN_EXP - 2);
  std::cout << ld2 << ", " << std::isnormal(ld2) << '\n';
}

出力例

-16381
3.36210314311209351e-4932, true
1.68105157155604675e-4932, false