最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<cmath>

std::fpclassify(C++11)

namespace std {
  int fpclassify(float x);

  int fpclassify(double x);

  int fpclassify(long double x);

  int fpclassify(Integral x);
}

概要

指定された値の数値分類を返す。

戻り値

引数 x で指定された値の数値分類を表すマクロの整数値を返す。

引数 x で指定された値の数値分類 戻り値
正、あるいは、負の無限大の場合 FP_INFINITE
NaN(Not a Number、非数)の場合 FP_NAN
正規化数の場合 FP_NORMAL
非正規化数の場合 FP_SUBNORMAL
正、あるいは、負のゼロの場合 FP_ZERO

なお、上記のいずれにも属さない処理系定義の数値分類がある場合、その数値分類に対応するマクロの整数値が返る。

備考

本関数は、C 言語の fpclassify マクロと同等の機能を持つ。

#include <iostream>
#include <limits>
#include <cmath>

int main()
{
  std::cout << std::boolalpha;
  std::cout << (std::fpclassify(std::numeric_limits<double>::infinity()  ) == FP_INFINITE ) << std::endl;
  std::cout << (std::fpclassify(std::numeric_limits<double>::quiet_NaN() ) == FP_NAN      ) << std::endl;
  std::cout << (std::fpclassify(1.0                                      ) == FP_NORMAL   ) << std::endl;
  std::cout << (std::fpclassify(std::numeric_limits<double>::denorm_min()) == FP_SUBNORMAL) << std::endl;
  std::cout << (std::fpclassify(0.0                                      ) == FP_ZERO     ) << std::endl;
}

出力例

true
true
true
true
true